車を買う前に

車を買おうと思っている人へ

国産車と輸入車の違いは何?


国産車と輸入車の最も大きな違いは、「作り手の考え方」です。
日本のメーカーは、基本的に「一般受けすること」を念頭に置いており、「ずば抜けた所はないが、誰でも馴染みやすい」というのが特徴です。
一方、ベンツやBMWなどは、プレミアムや先進的なデザインなど、確固たる方向性を持って作っているという特徴があります。
また、各国に応じた特徴もあります。
日本は道が狭いので、「コンパクトカー」が適していますし、アメリカは国土が広く、停車することもあまりないので、車体も排気量も大きい車が多いですし、ヨーロッパは国同士が陸続きになっているため、高速で巡行することが可能な車が適しています。
ですから、アメリカでアメ車に乗るのは快適ですが、日本では持て余してしまいますし、ドイツ車も日本の狭い路地を走るのには向いていません。
また、国産の車は非常に壊れにくくなっています。
一般的には「10万キロで寿命」といわれていますが、実際はそれ以上に保ちます。
では、輸入車は壊れやすいのかというとそうではなく、20万~30万キロも走っている車も、たくさんあります。
ただし、エンジンマウントなどの部品の耐久性は低いため、こまめなメンテナンスが必要になってきます。019807


コメントを受け付けておりません。