車を買う前に

車を買おうと思っている人へ

車購入時の必要手続きについて


車を購入する際は、いろいろな手続きを行わなければなりません。
まず必要なのが、「自動車の登録」です。
「その車の所有者が誰なのか」「誰が運転するのか」ということを登録する作業であり、これを行うには「印鑑証明(軽自動車の場合は住民票)」を用意しなければなりません。
必要書類と印鑑証明(または住民票)を持参して陸運支局(軽自動車の場合は軽自動車協会)に行き、登録するとナンバープレートを貰うことができます。
ただし、これは非常に手間がかかる作業なので、販売会社に代理で行ってもらうのが一般的です。
その際は、本人以外の者が陸運支局などに行くことになるので、委任状も作らなければなりません。
そして、もう一つ「車庫証明」もとる必要があります。
これは、車を保管しておく場所があるということを証明する作業です。
保管場所にはいくつかの制限があり、「自宅から直線距離で2キロ以内」「車が治まるだけのスペースがある」などの条件をクリアしなければなりません。
これがないとそもそも登録ができないのですが、軽自動車の場合は「登録から1ヵ月以内に行うこと」とされています。
そして、自分で行う場合は警察かガレージ協会に行くことになりますが、これも販売会社に委任するのが一般的です。


コメントを受け付けておりません。