車を買う前に

車を買おうと思っている人へ

見積もりに含まれる税金について知ろう


自動車を購入する際に、見積もり書で車体価格やオプションなどの諸費用のほかに、税金が記載されています。
この税金の種類には、自動車取得税や自動車重量税がありますが、この他に消費税及び地方消費税があります。
自動車取得税は、車両本体価格に一定の税率を乗じて算出しますが、購入時に一回だけの支払になります。最近では、環境配慮基準に合致した車両については、この自動車取得税を免除になる場合もあります。
この取得税は普通車と軽自動車によって異なります。更には、排気量によっても税額が異なります。
次に自動車重量税ですが、これは購入時の支払と車検時に納付する税額です。
自動車重量税は維持費的な意味合いもあるといえます。この重量税は排気量や環境基準によって税額が異なります。
次に消費税及び地方消費税ですが、2014年4月に8%に引き上げられましたが、車両本体価格とオプション価格の合計額に対して消費税及び地方消費税の税率を乗じることになります。消費税及び地方消費税は購入時のみの支払になります。
こうした税額の総額は、小さいものではなく、乗用車を購入する場合には、こうした車両本体価格などのほかに、こうした費用を念頭に置いておくことが大切です。000829


コメントを受け付けておりません。