車を買う前に

車を買おうと思っている人へ

絶対に失敗しないディーラーの選び方


新車を購入する場合、メーカー系販売店(正規ディーラー)で購入する手段が一番安く購入できるでしょう。
その他の自動車取扱業者はすべてメーカー系販売店から取次による販売をしています。
直接、メーカー系販売店で購入すると業者に支払われるコミッションがなくなります。
しかし、簡単に安く価格を下げるかと言えばそうではありません。
値引額は標準的な値引価格が設定されており、それ以上の値引きは難しいです。
ただ、販売店で設定できるオプションなどをカスタマイズすれば、オプションのサービスが入り、総額からの値引価格が多くなります。
大抵、同県内のメーカー系販売店はネットワークにより値引価格が吊り上がらないように、協定を設けています。
異なるメーカーの場合、消費者の獲得競争原理が値引価格を上げることがあります。
また、県を跨ぐ販売店では、広く消費者獲得を図るため、多少値引額やオプションサービスなどが多くなることがあるでしょう。
さらに問題となるのは、下取りがある場合、価格をいかに高く引き取るかです。
値引やサービスが多くても、下取りとなる車が低く見積もられては、得にはならないため、並行して買取り価格を比較して高く見積もりを出す販売店で新車を購入することが良いのでしょう。

 


コメントを受け付けておりません。